豊かで魅力的なバストになることができる豊胸手術は、形や大きさの悩みがある人なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。2サイズ以上のサイズアップしたい場合には、シリコンバッグを挿入する豊胸手術で理想的なバストになることができます。豊胸手術には様々な種類があり、シリコンバッグを挿入する場合には切開する場所によって違いがあるので、特徴やメリットの違いを知り、納得してから選ぶことが大切です。

バストアップさせることができる手術の種類

ボリュームが足りなくて洋服のラインがきれいにきまらない、もう少しふっくらとさせたい、下垂したバストにハリが欲しいなど大きさや形の悩みを解消し、豊かなバストになることができる豊胸手術には大きく分けて3つの種類があります。1~2サイズ程度のボリュームをプラスしたい場合に良く選ばれているのが、ヒアルロン酸の注入です。ヒアルロン酸は人間の体にもともとある成分のため安全性が高く、注射器を使って注入するので傷跡が残らないことが特徴で、費用的にも比較的手ごろです。ヒアルロン酸は2年程度で自然に吸収されるので、効果を維持した場合にはメンテナンスが必要になります。自分の脂肪を生成して胸元に注入する脂肪注入も、最近人気がある方法です。自然な柔らかさと安全性の高さから人気がある方法ですが、注入した量と定着する量が同じとは限らず思ったよりもボリュームアップできないことがあります。シリコンバッグを挿入する豊胸手術は、効果が半永久的で大きさや形も希望通りにできることがメリットです。

シリコンバッグを挿入する豊胸手術とは

“柔らかく、体に吸収されないシリコンバッグをバストに挿入して行う豊胸手術は、2サイズ以上サイズを挙げたいという人に選ばれる方法です。希望のサイズと形にするために、バストを綿密に計測してバッグを選んでいきます。昔は、かたくて形が不自然になるということもありましたが、最近ではナチュラルな柔らかさで、自然な見た目になるような形、手術方法などが開発されてきているため再注目されている方法です。

麻酔をかけて挿入するため、手術中に痛みを感じることは無く、1時間程度と短時間で施術をすることができます。麻酔が切れた後には痛みがありますが、鎮痛剤を飲むなどの対応が可能です。シリコンバッグを挿入するための傷跡は、昔と比べて小さくなり、時間の経過とともに目立ちにくくなっていきます。2サイズ以上のサイズアップをしたい、半永久的な効果を求めている、左右差があるという人に向いている方法で、体に吸収されず半永久的に効果が持続するため追加の費用が必要ありません。”

アンダーバストを切開する方法のメリット

シリコンバッグを挿入する豊胸手術では、バッグを入れる切開口の場所が2種類あります。アンダーバストのしわにそって切開する場合には、4㎝程の小さく切開して入れていきます。医師が直接目で見て確認しながら手術を行うことができるため、血管や神経を避けることができ、術後にバッグが上に上がらずに固定できるというメリットがあります。また、傷口からバッグを設置する場所が近いため、術後の痛みが比較的軽いこともメリットのひとつです。

アンダーバストの部分に付いた傷が目立ちにくくなるまでには、半年から1年程度の期間がかかります。普段は見えないのですが、あおむけになったときに傷が見えることがあります。300㏄以上の大き目のバッグを入れたい人や過去に豊胸手術の経験がありやり直しをしたい場合、下垂していたり、乳がん後の乳房を再建したい人などに向いている方法です。元々大きな胸だった人や、大きな胸にしたい人に選ばれています。

脇を切開する方法のメリット

アンダーバストのしわにそって切開する方法の他に、傷口が目立ちにくいことで人気があるのが脇の下のしわにそって切開する豊胸手術です。脇の下に付いているしわにそって4㎝程度切開して、シリコンバッグを挿入する方法で、高い技術力と豊富な手術実績があるドクターが施術をすると、傷口がほとんど分からなくなるというメリットがあります。

脇を小さく切開してバッグを入れていくことになるので、中がはっきりと見えず手探りで行います。高度な技術と経験が必要な手術ですが、内視鏡を導入しているクリニックなら、内視鏡を使って目で見て確認しながらバッグを挿入することができ、安全性と美容面でのメリットが得られます。術後の傷跡が目立ちにくく、パートナーにも手術をしたことを知られたくない方に向いている方法ですが、脇の下が引きつれるような感じがしばらく残ります。脇を切開する方法は、傷跡が胸の部分につかず、脇の下の傷跡もしわと馴染みます。

まとめ

豊かでボリューム感があるバストになるための豊胸手術を行う場合に、シリコンバッグを挿入する位置は、アンダーバストと脇の下の2種類があります。どちらも元々あるしわを利用して行うので目立ちにくいのですが、脇の下を切開する方がより目立ちにくく、アンダーバストを切開する方が大きなシリコンバッグや下垂している胸のバストアップに向いており痛みも比較的軽いという特徴があります。